読書バリアフリー研究会

みんなに読む喜びと楽しさを伝えよう

障害があるために、紙の本では読むことが難しい子どもたちが大勢います。伊藤忠記念財団は、そのような子どもたちへの読書支援を目的に、児童書を電子化(マルチメディアDAISY規格)し、全国の特別支援学校などへ配布する事業を実施しています。

さて、特別支援教育を受ける子どもたちは、年々増加しています。しかし彼らの読書環境の整備はまだまだこれからです。今、電子図書などの支援媒体の充実とともに、障害のある子どもたちへ読む楽しさを提供できる人材の養成が求められています。そこでこの講座では、読むための障害となるさまざまな原因と、それを解消するために有効な媒体、支援方法について学び、読書支援ができる人材の養成を目指して実施します。

「僕も読めた!」「私の好きな本を見つけた!」さまざまな理由で、これまで読書を諦めていた子どもたちの「笑顔」を創るために、ぜひこの研究会をご活用下さい。

主催:公益財団法人 伊藤忠記念財団
共催:岐阜県図書館
後援:文部科学省、公益社団法人 全国学校図書館協議会

日程・会場

~終了しました~

PDF文書 参加者アンケートの集計結果

2016年6月26日(日) 午前10時30分~午後4時00分(開場:10時00分)
岐阜県図書館 2階 研修室(岐阜市宇佐4-2-1)

岐阜県図書館
http://www.library.pref.gifu.lg.jp/

講座内容

10時30分~11時00分

開講式
マルチメディアDAISY図書(わいわい文庫)とは?

11時00分~12時00分

Ⅰ.一人ひとりの読書や学習を支える "合理的配慮" について考える

【読書工房代表 成松 一郎 先生】

13時00分~14時00分

Ⅱ.ディスレクシア 当事者の主張 ~読み書き障害の特徴と支援方法の実際~

【岐阜市立特別支援学校 神山 忠 先生】

14時10分~15時10分

Ⅲ.やさしく読める本を届ける ~知的障害・自閉症の子どもたちへの読書支援~

【大和大学保健医療学部 教授 藤澤 和子 先生】

15時20分~16時00分

伊藤忠記念財団の目指す活動

【伊藤忠記念財団 電子図書普及事業部 部長 矢部 剛】

対象

学校教職員、図書館職員、医療関係者、障害のあるお子さんのいるご家族、その他この事業に興味や関心のある方。

定員

40名(申し込み先着順 締切:6月22日(水))

受講料

無料

昼食

各自でご用意下さい。会場内で昼食をおとりいただけます。ゴミは必ずお持ち帰りください。また、館内にレストランもあります。

問い合わせ&申し込み

(必ず事前にお申し込みください)
申込は、電話・FAX・Eメールで受付します。

  1. 参加会場
  2. 参加者氏名
  3. 住所
  4. 電話番号
  5. 所属(ある方のみ)
  6. 当日の緊急連絡先

をお知らせ下さい。
受講に当たり、支援の希望がありましたらご相談ください。

公益財団法人伊藤忠記念財団
〒107-0061 東京都港区北青山2-5-1
TEL:03-3497-2652 FAX:03-3470-3517
mail:bf-book@itc-zaidan.or.jp

*印刷用案内 PDFファイル(345KB)

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe Reader」が必要となります。
Adobe Readerをお持ちでない方はこちらよりダウンロードしてください。

東日本大震災読書支援寄付のお願い