子ども文庫助成事業

子ども文庫助成事業紹介

「子ども文庫助成事業」は、地域の子どもたちに対し、篤志をもって読書啓発活動を行っている民間団体及び個人を対象に、公益財団法人伊藤忠記念財団が行う助成です。1975(昭和50)年から、子どもたちの読書啓発に関わる草の根活動を支援してきました。時代の変化に対応しながら、図書セットの助成、入院中の子どもなどへの読書支援のプログラムを加え、一層の充実を図っています。2016(平成28)年度までに、延べ2,179件(海外を含む)の子ども文庫等に対し、約10.6億円の助成を行いました。
また、2014(平成26)年より、公益社団法人シャンティ国際ボランティア会が実施する東南アジアの子どもたちへの読書支援、「絵本を届ける運動」にも参加をしています。

助成プログラム

子どもの本購入費助成 病院・施設子ども読書支援 購入費助成 子どもの本100冊助成
子どもの本購入費助成対象は、子ども文庫、読み聞かせ団体、子ども文庫連絡会等で子どもたちの読書啓発活動を行っている民間の団体又は個人、及び実質的に草の根運動とみなされる団体で、3年以上の活動歴があり、今後も継続した活動が見込まれることが必要です。
助成内容は、図書購入費用及び読書啓発活動につながる実演のための購入費用や、読書啓発に関する講習会開催、講習会参加費です。
病院・施設子ども読書活動費助成対象は、病院内で長期療養中の子どもたち、障害児施設、養護施設等の子どもたちに対し読書啓発活動を行っている民間の団体又は個人、及び実質的に草の根運動とみなされる団体で、今後も継続した活動が見込まれることが必要です。
助成内容は、図書購入費用、読書啓発活動につながる実演のための購入費用や、障害がある子どもたちに対する読書支援機器等の購入及び図書作成のための費用も含みます。
子どもの本100冊助成今年度より、さらに100冊助成が変ります!
助成プログラムの1、2と対象が共通で(活動歴は問いません)、当財団が選書した100冊の児童図書セット(小学校低学年向け・中学年向け・高学年向けうち1セット)を助成します。2016年より、最大40冊まで、他の学年向けセットからも本を選択できるようにし、2017年からは150冊の新しいリストが加わり、そこからも選べます。
詳細は、募集要項をご参照ください。

子どもの本100冊助成 図書セット内容及び 2017年度版150冊内容

子ども文庫功労賞[個人の顕彰]
子ども文庫功労賞[個人の顕彰]対象は、子ども文庫を永年に亘り(20年以上)運営されてこられた個人で、子どもの読書啓発活動に貢献されてきた方で、第三者の方のご推薦による申し込みになります。

募集概要

1,子どもの本購入費助成 2,病院・施設子ども読書支援 購入費助成 3.子どもの本100冊助成

募集要項(P1~P5)

 

・PDF版とエクセル版の内容は同じです。

応募用紙(15枚組み)

応募用紙(15枚組み)

・応募用紙(エクセル版)は、3つのシートがあります。
・「子どもの本100冊助成」をご希望の方は、『子ども文庫助成応募用紙<5枚セット>』と、『子どもの本100冊助成 図書の選び方について 及び 子どもの本100冊助成「図書リスト』<10枚セット>の両方を必ずご提出ください。

子どもの本100冊セット内容 及び 2017年度150冊内容(P6~P14)

書類提出先:(公社)読書推進運動協議会

4.子ども文庫功労賞[個人の顕彰]

募集要項(P1~P5)

 

PDF版とエクセル版の内容は同じです。

推薦用紙(2枚組み)

推薦用紙(2枚組み)

書類提出先:(公財)伊藤忠記念財団

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe Reader」が必要となります。
Adobe Readerをお持ちでない方はこちらよりダウンロードしてください。

東日本大震災読書支援寄付のお願い